2005年12月17日

パンターD型製作日記1〜へっぽこ戦車への挑戦〜

今月はオリオンモデルズで展示会があったり、東京AFVの会があったりと忙しい月になりました。

両会に私は参加をしようと思っていますので、新規で1つ作ることにしました。

製作する車輌はドラゴンのパンターD型(初期か後期はわかりませんが、おそらくクルスク戦の車輌をモデル化していることから初期型と見て良いでしょう)です。

車体下部が組み終わったら車体下部の山場、キャタピラを作ります。

pantherdkyatapira.jpg

モデルカステンからD型用キャタピラは発売されていますが、今回はキットの物を使用しました。

次に砲塔を組み始めました。

pantherdhoutoukumitatetyuu.jpg

D型は他のパンターと違って、スモークディスチャージャー等でゴテゴテしていて好きです。

キューポラはA型以降の対空機銃のレール付きの新型キューポラではなく、ポリバケツのような感じのキューポラなのが特徴ですね。

このパーツだけで6分割になっていてドラゴンの気合の入れようを感じさせる仕様になっています(?)

pantherdkyu-pora.jpg

さてキューポラを接着したら砲塔部分のパーツをガシガシ組んでいきます。キューポラのハッチは接着が完全に終わってから取り付けるので取り外しておきました(開閉で悩んでいる為)

pantherdhoutoukumitatetyuu2.jpg

スモークディスチャージャーは実戦では紛失が多かったり、故障したりと何かとトラブルが多くて、あまり使用されなかったようです。

pantherdhoutoukansei.jpg

以前作ったタミヤのティーガーの時より組みやすかったので助かりました。

次は車体上部を中心に紹介して行こうと思います。

                        TO BE CONTINUE!!
posted by 黒ベエ at 21:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。